ストーク・シティは、世界で2番目に古いリーグのサッカークラブであるノッツ郡に次ぐ第2位とされていますが、創立年はまだ1863年に論争があります。 プレミアリーグに加盟するプロサッカークラブです。マンチェスターユナイテッド、チェルシー、アーセナル、マンチェスターシティなどの最新ユニフォームがここで揃えております。ストーク・シティの2018-19サッカーユニフォームが欲しいなら、ぜひこちらへどうぞ!

ストーク・シティ2018-19ホームユニフォームは、マクロンのおかげできれいな外観を取り入れています。同時に、新しいストークアウェイユニフォームは、パープルとホワイトで大胆なリスク設計をしています。もう一つは、マクロン美しい外観、ストーク・シティ2018-19のシャツは、白の前面と背面4本の赤のストライプがあり、そして腕に沿ってトップです。右の胸に青いマクロンのテキストが置かれ、ストーク・シティ2018-19のホームキットの両袖にブランドロゴが表示され、再び青色で表示されます。すべての白いスマートな襟が有名なbet365スポンサーの胸を取り囲んでいます。

ストーク・シティ2018-19ホームユニフォーム

ストーク・シティ2018-19のアウェイユニフォームは、紫色のトリムとロゴの2つの紫色の色合いのデザインで、左の胸のクラブクラウンも紫と白です。全体のデザインのインスピレーションは、ポッターが、2部のチャンピオンに侵入した際に、運動中に着用1992年から1993年のシャツから来ています。今後のイベントの際に、ゲイリー・ローウェットの男性は偉業を繰り返すことになりましょう。

ストーク・シティ2018-19のアウェイユニフォーム

ブンデスリーガの最新サッカーユニフォームがやっと登場しました。ブンデスリーガは1963年に創立したドイツのプロサッカークラブです。バイエルンミュンヘン、ボルシア・ドルトムント、シュトゥットガルトなどの最新ユニフォームがここで揃えております。ボルシアMGはドイツのメンヒェングラートバッハに本拠地を置くサッカークラブチームです。以下は2018-19ボルシアMGホームサッカーユニフォームです、もっとボルシアMG2018-19のサッカーユニフォーを知りたいなら、こちらをご覧ください。

2018-19 ボルシアMG ホームユニフォーム

ボルシアMG 2018-19ホームキットは、新しいスポンサーシップ契約の下でPumaによって初めて導入され、白、緑、黒の古典的な伝統的なデザインが特徴です。 元サプライヤーカッパとの契約上の義務のため、ボルシアMG2018-2019ホームジャージは、7月に通常よりも遅くリリースされる予定です。
むしろクラシックなデザインのボルシアMG2018-19ジャージは、主に白く緑色のインテリアがたくさんあります。 最初に、袖口は緑色で、各袖には緑色の縞模様があり、襟の前部と後ろには緑色もあります。胸のプーマロゴと袖の「Formstripe」の細い縞模様はすべて黒く、見た目には新しい外観を与えます。
白いパンツとソックスは、ボルシアMG 2018-19ホームキットを完成させます。

ブンデスリーガの最新サッカーユニフォームがやっと登場しました。ブンデスリーガは1963年に創立したドイツのプロサッカークラブです。バイエルンミュンヘン、ボルシア・ドルトムント、シュトゥットガルトなどの最新ユニフォームがここで揃えております。TSGホッフェンハイムは1899年に創設されたドイツのジンスハイムのホッフェンハイム地区を本拠地とするスポーツ総合クラブです。以下は2018-19TSGホッフェンハイムホームサッカーユニフォームです、もっとこのユニフォームを知りたいなら、こちらをご覧ください。

2018-19 ホッフェンハイムホームユニフォーム

新しい TSGホッフェンハイム 2018-19のホームキットは、清潔な青色のデザインを使用して、イタリアのメーカーロトによって再び作られました。
新しいロト TSGホッフェンハイムは、前シーズンのユニファームよりもネイビーとブルーのグラデーションが多く、外観はより新鮮で、青と白はすべてのブランドとアプリケーションに使用されています。新しいジャージの後ろには、クラブのスローガン「EIN TEAM、EIN WEG、EINMALIG(チーム、旅、ユニーク)」があります。TSGホッフェンハイム2018-19ホームキットをシャツと同色のショーツとソックスで仕上げます。

2018年5月、新しい TSGホッフェンハイム 2018-19のホームキットが掲載される予定です。

リーグ・アンは1932年に成立したフランスのプロサッカークラブです。リーグ・アンの2018-19サッカーユニフォームがやっと発表しました。パリ・サンジェルマン、モナコ、モナコ、リヨンなどの最新ユニフォームがここで揃えております。1912年に設立されたEAギャンガンは、北西部のギャンガンにあるフランスのサッカーチームであり、現在リーグ・アンで競争しています。ここでEAギャンガン2018-19 サッカーユニフォームを簡単に紹介いたします。もし彼のファンでしたら、ぜひとも彼らのユニフォームを着て応援しましょう。

2018-19 EAギャンガン ユニフォーム

新しいEAギャンガンユニフォームキットは、より小さなフランスブランドであるパトリックによって再び作られました。
地元のグラフィックデザイナーフランクボードウインパトリック、EAギャンガンとの作業は、本当に興味深くユニークな外観を示しています。 このジャージは1995年の試合にインスパイアされ、クラブがリーグ1の最初のプロモーションを獲得し、リーグ1がファンの投票でクラブの歴史のなかで最も美しいジャージーと呼ばれました。 黒と白のチェッカーが肩に現れ、シャツの他の部分はローキーになります。
最新EAギャンガンアウェイユニフォームは同じテンプレートに基づいており、それは白く、肩は黒と赤です。
最後に、EAギャンガン 2018-2019のサードユニフォームは黒で、白い灰色のチェックパターンがあります。

ニューカッスルは、1881年に設立され、ニューカッスルのセントジェームズパークスタジアムの本拠地です。プレミアリーグに加盟するプロサッカークラブです。マンチェスターユナイテッド、チェルシー、アーセナル、マンチェスターシティなどの最新ユニフォームがここで揃えております。ニューカッスルの2018-19サッカーユニフォームが欲しいなら、ぜひこちらへどうぞ!

2018-19 ニューカッスル ホームユニフォーム

ニューカッスル2018-19ホームキットは、白と黒の古典的な外観を導入された5月に発売される予定です。
ニューカッス2018-19最新ホームユニフォームは、正面と袖に4つの黒と5つの白い縞模様を持つ、本当に伝統的な外観をしています。ブラック・ショートとホワイト・ソックスは、ニューカッスルチームの2018-2019ホームキットを完成させます。

エバートンは、イングランド・リヴァプールに本拠地を置く、プレミアリーグに加盟するプロサッカークラブです。1878年に設立されたリバプールのサッカークラブの14年前のことで、サッカーリーグの創立メンバーでもありました。マンチェスターユナイテッド、チェルシー、アーセナル、マンチェスターシティなどの最新ユニフォームがここで揃えております。エバートンの2018-19サッカーユニフォームが欲しいなら、ぜひこちらへどうぞ!

2018-19 エバートン新ホームユニフォーム

Umbro製のエバートン 2018-19ホームユニフォームは、クラシックでスタイリッシュなデザインを発表して、すでに予約済みです。
クラシックな外観、青い混紡素材とボタンカラーを採用します。 フロントのロゴ(Umbro、SportPesa)とスリーブ(Angry Bird)は白いですが、上のバックにある「Rupert’s Tower」微妙なグラフィック描写は丸いデザインを完全に表しています。白いショートパンツとソックスでエバートン 18-19のスーツを完成させ、必要に応じて他のブルースーツを使用することもできます。
エバートン18-19ホームキットは、2018年5月5日に正式にリリースされました。

 

AFCアヤックスは、オランダ・アムステルダムに本拠地を置くサッカークラブで、エールディヴィジに所属します。1900年に創立した、1971年から1973年にかけUEFAチャンピオンズカップ3連覇を達成、優勝カップ「ビッグイヤー」の永久保持を認められました。アヤックスの2018-19シーズンに向けたアウェイユニフォームが、4月28日にリリースされました。ここでアヤックス2018-19 アウェイサッカーユニフォームを簡単に紹介いたします。もし彼のファンでしたら、ぜひとも彼らのユニフォームを着て応援しましょう。

アヤックス2018-19新アウェイユニフォーム アヤックス2018-19新アウェイユニフォーム

新しいアヤックス18-19アウェージャージは、長期ジャージーのサプライヤー、アディダスによって作られた黒、金、白の美しい外観をもたらしました。
ブラックを基調としたユニフォームは2013-14シーズン以来となります。肩部分はゴールドで彩り、裏面に金ブロックと側面に3つのストライプを持つEQTの襟を持っています。胸にはホワイトの水平ストライプを配して、胸スポンサーは「Ziggo」で継続しています。背面首元にはお馴染みの「×××」をプリントしました。これはアムステルダム市の旗や紋章に見ることができる「聖アンデレ十字」のが、3つある理由については諸説があります。アウェイ用のパンツは2カラーをリリースされた、基本的にはブラックを着用するが、相手によってはゴールドにチェンジして、ソックスはブラックを基調にゴールドの差し色を配しました。

 

リーグ・アンは1932年に成立したフランスのプロサッカークラブです。リーグ・アンの2018-19サッカーユニフォームがやっと発表しました。パリ・サンジェルマン、モナコ、モナコ、リヨンなどの最新ユニフォームがここで揃えております。価格と品質の面には、全部保証しております。1924年に設立した ASモナコはモナコに本拠地を置くサッカークラブです。ここでASモナコ2018-19 サッカーユニフォームを簡単に紹介いたします。もし彼のファンでしたら、ぜひとも彼らのユニフォームを着て応援しましょう。

2018-19 ASモナコ ユニフォーム情報

新しいモナコ2018-19シーズンサッカーユニフォームホームは、クラブの2つの伝統的な色で、赤と白を組み合わせます。 新しいホームは、本シーズンのシャツにゴールドが施された後、第3の色を持つことは期待されていないです。 正確なデザインはまだリリースされていません。


ほぼ確実にナイキの2018-19シーズンのグローバルテンプレートに基づいて、新しいモナコ18-19アウェイジャージはダークグリーンとゴールドになります。
新しいナイキモナコ18-19アウェイジャージは、2018年7月に発売されます。

リーグ・アンは1932年に成立したフランスのプロサッカークラブです。リーグ・アンの2018-19サッカーユニフォームがやっと発表しました。パリ・サンジェルマン、モナコ、モナコ、リヨンなどの最新ユニフォームがここで揃えております。価格と品質の面には、全部保証しております。1899年に設立 したオリンピックマルセイユはフランス・マルセイユに本拠地を置くサッカークラブチームです。ここでオリンピックマルセイユ2018-19 サッカーユニフォームを簡単に紹介いたします。

2018-19 オリンピックマルセイユ ユニフォーム

プーマがフランスのクラブでアディダスに取って代わり、オリンピックマルセイユ 2018-19 ホームキットは大胆かつ珍しい様相を呈しました。2018年7月に発売される予定です。
大胆かつ楽しい外観、最初のプーマオリンピックマルセイユジャージは白で、スカイブルーのラグランスリーブはユニークなストーンパターンを持っています。 ハンマーのロゴは空色で、腕のロゴはゴールドです。 シャツの襟に青い十字架が現れました。白いショートパンツとソックスは、オリンピックマルセイユ の18-19のホームキットを完成させます。

新しいアーセナルのジャージと同じテンプレートに基づいて、オリンピックマルセイユ18-19プーマアウェイジャージキットは主に黒で、下腕には縞模様があり、両袖には縞模様のストライプがあります。アウェイジャージーのフロントと袖のゴールド・プーマ・ロゴは、首の上に少し空色の部分が並んでいます。ショーツとソックスは、プーマオリンピックマルセイユ18-19セットを完了させます。アウェージャージは7月に新しいホームユニフォームとリリースされる予定です。

サードは、主に空色で、白いホームと黒いアウェイを補完しています。プーマのブレンド傾向によると、プーマ・オリンピックマルセイユのサードジャージの下部には、濃い青色と青緑色になります 首のダークブルートリムと同じ色のロゴが、新しいマルセイユ2018-2019サードジャージのデザインを完成させます。

ブンデスリーガの最新サッカーユニフォームがやっと登場しました。ブンデスリーガは1963年に創立したドイツのプロサッカークラブです。バイエルンミュンヘン、ボルシア・ドルトムント、シュトゥットガルトなどの最新ユニフォームがここで揃えております。1945年に創設されたヴォルフスブルクは、ブンデスリーガに加盟するプロサッカークラブです。以下は2018-19ヴォルフスブルクホームサッカーユニフォームです、もっと2018-19ヴォルフスブルクのサッカーユニフォームを知りたいなら、こちらをご覧ください。

ヴォルフスブルク2018-2019のホームユニファーム

ナイキヴォルフスブルク2018-19のホームユニフォームの最初の詳細が漏れました。 2016-17シーズン前にヴォルフスブルクと契約した後、クラブの2018-2019ジャージは7月にリリースされる予定です。
ナイキが明るい緑色と主に白いシャツを着用した後、ヴォルフスブルク2018-19のホームジャージは、明るい緑色のアクセントで、濃い緑色になります。 「気相Aeroswift」テンプレートに基づいて設定されていますが、これまでに知られているヴォルフスブルク2018-19ホームジャージ以外にはあまり多くありません。

アウェイの場合、ナイキは明るいグリーンをセカンダリーカラーとして保ちますが、ヴォルフスブルクの18-19のホームシャツのダークグリーンを白に変更します。