ブンデスリーガの最新サッカーユニフォームがやっと登場しました。ブンデスリーガは1963年に創立したドイツのプロサッカークラブです。バイエルンミュンヘン、ボルシア・ドルトムント、シュトゥットガルトなどの最新ユニフォームがここで揃えております。ボルシアMGはドイツのメンヒェングラートバッハに本拠地を置くサッカークラブチームです。以下は2018-19ボルシアMGホームサッカーユニフォームです、もっとボルシアMG2018-19のサッカーユニフォーを知りたいなら、こちらをご覧ください。

2018-19 ボルシアMG ホームユニフォーム

ボルシアMG 2018-19ホームキットは、新しいスポンサーシップ契約の下でPumaによって初めて導入され、白、緑、黒の古典的な伝統的なデザインが特徴です。 元サプライヤーカッパとの契約上の義務のため、ボルシアMG2018-2019ホームジャージは、7月に通常よりも遅くリリースされる予定です。
むしろクラシックなデザインのボルシアMG2018-19ジャージは、主に白く緑色のインテリアがたくさんあります。 最初に、袖口は緑色で、各袖には緑色の縞模様があり、襟の前部と後ろには緑色もあります。胸のプーマロゴと袖の「Formstripe」の細い縞模様はすべて黒く、見た目には新しい外観を与えます。
白いパンツとソックスは、ボルシアMG 2018-19ホームキットを完成させます。

ブンデスリーガの最新サッカーユニフォームがやっと登場しました。ブンデスリーガは1963年に創立したドイツのプロサッカークラブです。バイエルンミュンヘン、ボルシア・ドルトムント、シュトゥットガルトなどの最新ユニフォームがここで揃えております。TSGホッフェンハイムは1899年に創設されたドイツのジンスハイムのホッフェンハイム地区を本拠地とするスポーツ総合クラブです。以下は2018-19TSGホッフェンハイムホームサッカーユニフォームです、もっとこのユニフォームを知りたいなら、こちらをご覧ください。

2018-19 ホッフェンハイムホームユニフォーム

新しい TSGホッフェンハイム 2018-19のホームキットは、清潔な青色のデザインを使用して、イタリアのメーカーロトによって再び作られました。
新しいロト TSGホッフェンハイムは、前シーズンのユニファームよりもネイビーとブルーのグラデーションが多く、外観はより新鮮で、青と白はすべてのブランドとアプリケーションに使用されています。新しいジャージの後ろには、クラブのスローガン「EIN TEAM、EIN WEG、EINMALIG(チーム、旅、ユニーク)」があります。TSGホッフェンハイム2018-19ホームキットをシャツと同色のショーツとソックスで仕上げます。

2018年5月、新しい TSGホッフェンハイム 2018-19のホームキットが掲載される予定です。

ブンデスリーガの最新サッカーユニフォームがやっと登場しました。ブンデスリーガは1963年に創立したドイツのプロサッカークラブです。バイエルンミュンヘン、ボルシア・ドルトムント、シュトゥットガルトなどの最新ユニフォームがここで揃えております。1945年に創設されたヴォルフスブルクは、ブンデスリーガに加盟するプロサッカークラブです。以下は2018-19ヴォルフスブルクホームサッカーユニフォームです、もっと2018-19ヴォルフスブルクのサッカーユニフォームを知りたいなら、こちらをご覧ください。

ヴォルフスブルク2018-2019のホームユニファーム

ナイキヴォルフスブルク2018-19のホームユニフォームの最初の詳細が漏れました。 2016-17シーズン前にヴォルフスブルクと契約した後、クラブの2018-2019ジャージは7月にリリースされる予定です。
ナイキが明るい緑色と主に白いシャツを着用した後、ヴォルフスブルク2018-19のホームジャージは、明るい緑色のアクセントで、濃い緑色になります。 「気相Aeroswift」テンプレートに基づいて設定されていますが、これまでに知られているヴォルフスブルク2018-19ホームジャージ以外にはあまり多くありません。

アウェイの場合、ナイキは明るいグリーンをセカンダリーカラーとして保ちますが、ヴォルフスブルクの18-19のホームシャツのダークグリーンを白に変更します。

ブンデスリーガの最新サッカーユニフォームがやっと登場しました。ブンデスリーガは1963年に創立したドイツのプロサッカークラブです。バイエルンミュンヘン、ボルシア・ドルトムント、シュトゥットガルトなどの最新ユニフォームがここで揃えております。シュトゥットガルは、ブンデスリーガに加盟するプロサッカークラブです。以下は2018-19シュトゥットガルホームサッカーユニフォームです、もしシュトゥットガルのファンでしたら、ぜひとも彼らのユニフォームを着て応援しましょう。

VfBシュツットガルト2018-2019ホームユニファームVfBシュツットガルト2018-2019ホームユニファーム

サプライヤープーマがドイツのクラブVfBシュトゥットガルトの新しい2018-19ホームジャージを明らかにしました。 クラブの125周年記念クラシックデザインとして、新しいシュトゥットガルト18-19ホームジャージは、クラブメンバのプーマと選手によって共に作られました。クラブの伝統的な赤いチェストストラップが装備されています。 最も顕著なのものは、VfBシュトゥットガルトのクラウンが30年以上に亘って初めてジャージに入れられたことです。シュトゥットガルトの新しいキットには、さまざまなカスタマイズされた詳細があります。 白いショートパンツとソックスは、クラシックな新しいVfBシュトゥットガルト2018-19ホームキットを完成させます。
新しいVfBシュトゥットガルト2018-19ホームジャージは、今シーズンのホッフェンハイムとの最終的なブンデスリーガ試合で5月5日に展示される予定です。

ブンデスリーガの最新サッカーユニフォームがやっと登場しました。ブンデスリーガは1963年に創立したドイツのプロサッカークラブです。バイエルンミュンヘン、ボルシア・ドルトムント、シュトゥットガルトなどの最新ユニフォームがここで揃えております。ボルシア・ドルトムントは、ブンデスリーガに加盟するプロサッカークラブです。以下は2018-19ボルシア・ドルトムントサッカーユニフォームです、もっとこのユニフォーを知りたいなら、こちらをご覧ください。

2018-19ボルシア・ドルトムントユニフォームホーム2018-19 ボルシア・ドルトムントユニフォーム

プーマの2018-19シーズンのスーツによれば、それはすべて新しいボルシア・ドルトムントのホームジャージの袖に合っています。ドルトムント2018-19キットには、主に黄色のように、微妙なミキシング効果と腕周りの黄ばみのある黒いラグランスリーブがあります。
新しいドルトムントジャージーの胸には、脈打つビートを示す非常に微妙なリリーフラインがあります。襟はかなりシンプル ーー丸みを帯び、袖の表と裏の配色を続けました。昨シーズンのスーツでは、以前のジャージーと同じパンツと靴下を着用したが、ドルトムント2018-19ホームキットが最新パンツとソックスを打ち上げます。パンツは黒く、ソックスは黄色になり、数字「19」と「09」がクラブの創立年としてプリントされます。
新しいプーマボルシアドルトムント18-19ホームキットは、2018年5月5日にシーズンの最終ホームゲームのために利用可能になります。

プーマボルシア・ドルトムント2018-19アウェイセットは、シンプルなホームユニフォームを補完する上、フロント、バック、および袖に大胆な黄色の混色プリントを施したクリーンなデザインです。 ドルトムントの2018-19アウェイシャツは、6月または7月後に発売される予定です。主に黒で、ホームジャージのように、左下袖と右袖の周りに黄色のバンドを見ることができます
黄色のショートパンツと黒い靴下は、ボルシア・ドルトムント2018-2019アウェージャージセットを完成させます。

ブンデスリーガの最新サッカーユニフォームがやっと発表しました。ブンデスリーガは1963年に創立したドイツのプロサッカークラブです。バイエルンミュンヘン、ボルシア・ドルトムント、シュトゥットガルトなどの最新ユニフォームがここで揃えております。バイエルンミュンヘンは、ブンデスリーガに加盟するプロサッカークラブです。以下は2018-19バイエルンミュンヘンサッカーユニフォームです、もしアバイエルンミュンヘンのファンでしたら、ぜひとも彼らのユニフォームを着て応援しましょう。

2018-19 バイエルン・ミュンヘン ユニフォームホーム 2018-19 バイエルン・ミュンヘン ユニフォームホーム

2018年5月12日、バイエルン・ミュンヘンチームは、シーズンの最終戦で2018-19シーズン新ジャージをデビューさせ、5月8日にそれを打ち上げました。
新しいジャージーカラーには、レッド基調でフロントや袖にグラフィックを備え、左袖には2018年7月から2023年6月までのスポンサー契約を結んだ「カタール航空」のロゴを配しています。グラデーション要素はクラシックなデザインになっています。カタール航空はバイエルンミュンヘン18-19キットのデッキスポンサーとしてデビューしました。

アウェイユニファームは、色も伝統的なクラブカラーもなく、浅い緑色のベースと白と海軍の細部と用途を兼ね備えています。ミント基調で差し色に白と紫を使用して、ホームと同じく胸には過去のアディダスモデルに触発されたグラフィックを配している模様です。このジャージーは象徴的な1997-99年のホームユニファームからインスパイアされた、以前のジャージーデザインの代わりにモダンなデザインを採用する予定です。
新しいバイエルン・ミュンヘン2018-19アウェーユニファームは、2018年7月18日に行われた2018年ワールドカップ決勝の直後にリリースされる予定です。

サードは「@hendocfc」の情報や「@esvaphane」によるリークされた来季のチャンピオンズリーグボール(バイエルン・ミュンヘン版)からブルーイッシュシルバー基調になると予想されます。採用されればチャンピオンズリーグ1998-99決勝で1-0とリードしながらアディショナルタイムに2失点しマンチェスター・ユナイテッドに逆転負けを喫した「カンプ・ノウの悲劇」時に着用していたクラブにとって嫌な記憶を思い起こすカラーとなります。