リーガ・エスパニョーラの最新サッカーユニフォームがやっと発表しました。リーガ・エスパニョーラは1929年に創立したスペインのプロサッカークラブです。レアル・マドリード、FCバルセロナ、アトレティコ・マドリードなどの最新ユニフォームがここで揃えております。 レアル・マドリードは、リーガ・エスパニョーラに加盟するプロサッカークラブです。以下は2018-19シーズンレアル・マドリードサッカーユニフォームです、レアル・マドリード2018-19サッカーユニフォームが欲しいなら、こちらへ!

2018-19 レアル・マドリード ユニフォーム

アディダスレアル・マドリー18-19ホームユニフォームは、肩に襟と黒の3つの縞模様をつけて白基調で差し色に黒を使ったデザインが確認されました。正面には、黒のアディダスとエミレーツのロゴに加えて、フルカラーのキャップがあります。 新しいレアル・マドリーのジャージは、2018年ワールドカップのキットでデビューしたアディダスクリマヒルのテンプレートに基づいています。
最新レアル・マドリー2018-19ホームシャツが、2018年5月または6月に発売される予定です。

レアル・マドリー2018-19アウェイジャージーは、昨年のジャージーと同様に、襟にダークグレーのトリムが施されたネイビーブルーで、袖口に3ストライプの形で肩に付けられています。当初はダークネイビー基調で90年代のアディダスモデルに触発されたグラフィックを備えたデザインが予想されていたが、グラフィックを備えていないモデルとなった模様です。ブラック・ネイビーのパンツとソックスは、レアル・マドリー2018-19アウェイユニフォームを完成させます。
レアル・マドリー2018-19アウェイジャージは2018年6月中旬にホームと一緒にリリースされる予定です。

サードジャージは、より珍しい色の組み合わせを使用する—それは2つの赤と白のアプリケーションを組み合わせます。 ジャージーの正確なデザインはまだ分かっていません。
最新アディダスレアルマドリード2018-19サードユニファームは、2018年8月にリリースされる予定です。

リーガ・エスパニョーラの最新サッカーユニフォームがやっと登場しました。リーガ・エスパニョーラは1929年に創立したスペインのプロサッカークラブです。レアル・マドリード、FCバルセロナ、アトレティコ・マドリードなどの最新ユニフォームがここで揃えております。FCバルセロナは、リーガ・エスパニョーラに加盟するプロサッカークラブです。以下は2018-19FCバルセロナサッカーユニフォームです、もし彼のファンでしたら、是非とも彼らのユニフォームを着て応援しましょう。

2018-19FCバルセロナユニフォーム ホーム

バルセロナの18-19の最新サッカーユニファームは、今年のストライプのデザインは、通常のストライプよりもはるかに薄い傾向があります。 トライプに加えて、2018-19シーズンユニファームは、本シーズンと同じカラーを持ち、スポンサーのロゴとして白を含むスウォシュとして再び金を使用します。襟の首輪は海軍であり、袖はここ数年のようにまだしっかりした青い色を採用します。新しいニットパターンと軽い全体構造を導入しています。黒いネクタイのパンツとソックスがバルセロナの18-19ホームキットを完成させます。
バルセロナ2018-19サッカーユニフォームは5月25日にリリースされる予定です。

バルセロナの18-19アウェイジャージは、蛍光イエローで、襟と袖のグラフィックに青が使われたデザインとなっています。ホームのようにナイキの2018エアロスウィフトのテンプレートを使用しますが、 ジャージの祥細なデザインはまだ分かっていません。
新しいナイキバルセロナ18-19アウェイユニファームは、2018年ワールドカップの直後に、2018年7月中旬にリリースされる予定です。

バルセロナ2018-19サードユニファームは、アトミックピンク基調でアクセントにディープマルーンを使用します。ナイキ 最新のスチームエアロスウィフトテンプレートに基づいています。

リーガ・エスパニョーラの最新サッカーユニフォームがやっと登場しました。リーガ・エスパニョーラは1929年に創立したスペインのプロサッカークラブです。レアル・マドリード、FCバルセロナ、アトレティコ・マドリードなどの最新ユニフォームがここで揃えております。アトレティコ・マドリードは、リーガ・エスパニョーラに加盟するプロサッカークラブです。以下は2018-19アトレティコ・マドリードサッカーユニフォームです、もっとアトレティコ・マドリードのサッカーユニユニフォー情報を知りたいなら、こちらをご覧ください。

2018-19アトレティコ・マドリードユニフォーム ホーム

ナイキによって作成され、Plus 500がスポンサーとなる新しいAtletico 2018-2019ジャージは、2018年7月に発売される予定です。
最新バージョンのナイキ Vaporテンプレートによると、アトレティコ・マドリード2018-19のホームジャージは、伝統的なストライプに新しくて大胆な外観をもたらします。 各ストライプはグラデーション効果を作り出す細かいグラデーションラインで構成されています。シャツのストライプは赤から白に、またはその逆に変わる独特な形となっています。

2018-19アトレティコ・マドリードユニフォームアウェイ

新しいアトレティコ・マドリード2018-19アウェイジャージーは、2018年7月に発売されます。
新ジャージは、水色基調でアクセントに赤を採用します。 使用されている正確な色は、「Blue Wind」と「Blue Nebula」と「Reddish」です。 スウォッシュとPlus500スポンサーロゴは明るい赤色で、クラブバッジは青色と赤色に設定されています。新しいユニファームには、ナイキの新しいエアロスペースアエロスワフト2018ワールドカップのテンプレートが含まれています。このテンプレートには、比較的暗い青色の紋章のジグザグのストライプ模様が入っています。

アトレティコ・マドリード2018-19のサードユニファームはグリーンアビスが支配し、3つの珍しい色がダーク・ブルー、アイス・ブルー、オレンジ色で合成される予定です。

2018年4月27日に会見を開き、イニエスタは今シーズン限りでのバルセロナ退団を発表しました。彼は涙ながらに「これがバルサでのラストシーズン」「バルサは僕にすべてを与えてくれた」「さよならを言うのは、本当に本当につらい」などと述べて、クラブやチームメイト、家族、そしてファンに感謝の言葉を述べました。

日本時間で6日(日)深夜に迫っているレアル・マドリーとの一戦は、イニエスタにとっては最後のクラシコでした。対戦相手にとって常に脅威のイニエスタがそれは「ライバル」、レアル・マドリーにとっても同じでしょう。そんなイニエスタのクラシコ激闘の記録と歴代のユニフォームを紹介します。まずは2010-11シーズンから見てみましょう。

2010-11シーズン スーペルコパ決勝 レアル・マドリー 延長1-0 バルセロナ

メスタージャで行われたスーペルコパ決勝は、延長戦の末に敗れました。決勝戦で使用したユニフォームには、胸にファイナルのマッチデイ入って、なお胸に掲出した「UNICEF」ロゴはこのシーズンが最後となり、翌シーズン以降は背面にプリントされています。

2010-11シーズンイニエスタユニフォーム

2011-12シーズン 国王杯準々決勝1stレグ レアル・マドリー 1-2 バルセロナ

1stレグを勝利したバルセロナは2ndレグを2-2で引分けて準決勝へ進出し、最終的には決勝でビルバオを下して優勝しました。バルセロナのユニフォームは、かつてないほどに細いストライプが特徴で、そしてこのシーズンから胸に「Qatar Foundation」のロゴを掲出し、当然ながら「UNICEF」以上に物議を醸しました。

2011-12シーズンイニエスタユニフォーム

2012-13シーズン 国王杯準決勝1stレグ レアル・マドリー 1-1 バルセロナ

ホームでの2ndレグを1-3で落とし、準決勝で敗退となりました。バルセロナのユニフォームは、その長い歴史でも異例のグラデーションカラーで、エンジ、青ともに深みのある色で美しいデザインでした。

2012-13シーズンイニエスタユニフォーム

2013-14シーズン 国王杯決勝 バルセロナ 1-2 レアル・マドリー

メスタージャで開催された決勝戦はギャレス・ベイルの決勝ゴールによって敗れました。ユニフォームは再びシンプルなストライプに戻って、胸スポンサーは新たに「QATAR AIRWAYS」のロゴを掲出しています。

2013-14シーズンイニエスタユニフォーム

2014-15シーズン 第28節 バルセロナ 2-1 レアル・マドリー

この試合で、キャプテンのチャビ・エルナンデスがベンチスタートとなった、イニエスタはキャプテンマークを巻きました。このユニフォームは太めのストライプを採用し、首元にはサニェーラ(カタルーニャ州旗)カラーをあしらっています。

2014-15シーズンイニエスタユニフォーム

2015-16シーズン 第12節 レアル・マドリー 0-4 バルセロナ

チャビの退団に伴い、このシーズンからイニエスタがチームキャプテンに就任し、第12節のクラシコではチームの3点目を決めました。バルセロナのユニフォームは、伝統の垂直ストライプではなく水平ストライプを採用し、いわゆるボーダー柄は賛否両論でした。

2015-16シーズンイニエスタユニフォーム

2016-17シーズン 第33節 レアル・マドリー 2-3 バルセロナ

この試合はアディショナルタイムにメッシの決勝弾が決まり勝利しました。このシーズンのホームキットは、1991-92シーズンのUEFAチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)優勝から25周年を祝したものです。シャドーストライプをあしらい、当時のMEYBA製ユニフォームに近いデザインとなっています。

2016-17シーズンイニエスタユニフォーム

2017-18シーズン 第33節 レアル・マドリー 2-2 バルセロナ

リークモデルは伝統の青と臙脂のストライプだが、ストライプの幅が外に向かって細くなっていく変則的なストライプで中央部分は左右非対称となっています。 ホームは中央に向かって太くなる変則的なストライプを採用します。

イニエスタにとってカンプ・ノウでの最後のクラシコが、日本時間で5月6日深夜に行われました。これはイニエスタのバルセロナ戦での最終戦であり、どちらのチームも彼を歓迎し、バルセロナはホームで2-2とレアル・マドリーを結びました。

2017-18シーズンイニエスタユニフォーム