フラメンゴはリオデジャネイロにあるブラジルのクラブ、1895年11月15日に創立されました。最初は多くのボート選手によって創立されたローミングクラブで、サッカー部は1911年に正式に設立されました。フラメンゴはブラジルでは非常に有名で、FIFAの有名な20世紀のクラブ出演で9位にランクされました。フラメンゴの2018-19シーズンに向けたユニフォームが、5月にリリースされました。ここでフラメンゴ2018-19 サッカーユニフォームを簡単に紹介いたします。

アディダスが制作したフラメンゴ2018-19ホームユニフォームは、チームにとって熱狂的なファンのための優れた選択肢です。 ピースは軽量のポリエステル製で、そのデザインは伝統的な横縞の赤と黒を使用し、ストライプはグラフィックスの細部を明るい色調にしています。内側に美しくプリントされ、袖の後ろにリング状の外観を持つ、比較的薄い黒と赤のフープリングを使用して、前のものよりもクラシックに見えます。 さらに、胸の左側に新しい白いフォーマットのCRFシールドがあり、反対側にはアディダスのロゴが付いています。 最後に、首の近くで、詳細を補うために赤で塗られたクラブレガッタのロゴを見えます。

フラメンゴ2018-19 サッカーユニフォーム ホーム

フラメンゴ2018-19アウェイユニフォームはオフホワイトで、赤と黒のEQTカラーと赤の3本の縞が肩にあります。フラメンゴのクラブマスコットであるコンドルは、襟の右下の小さなフィギュアの形で表されています。

フラメンゴ2018-19 サッカーユニフォーム アウェイ

AFCアヤックスは、オランダ・アムステルダムに本拠地を置くサッカークラブで、エールディヴィジに所属します。1900年に創立した、1971年から1973年にかけUEFAチャンピオンズカップ3連覇を達成、優勝カップ「ビッグイヤー」の永久保持を認められました。アヤックスの2018-19シーズンに向けたアウェイユニフォームが、4月28日にリリースされました。ここでアヤックス2018-19 アウェイサッカーユニフォームを簡単に紹介いたします。もし彼のファンでしたら、ぜひとも彼らのユニフォームを着て応援しましょう。

アヤックス2018-19新アウェイユニフォーム アヤックス2018-19新アウェイユニフォーム

新しいアヤックス18-19アウェージャージは、長期ジャージーのサプライヤー、アディダスによって作られた黒、金、白の美しい外観をもたらしました。
ブラックを基調としたユニフォームは2013-14シーズン以来となります。肩部分はゴールドで彩り、裏面に金ブロックと側面に3つのストライプを持つEQTの襟を持っています。胸にはホワイトの水平ストライプを配して、胸スポンサーは「Ziggo」で継続しています。背面首元にはお馴染みの「×××」をプリントしました。これはアムステルダム市の旗や紋章に見ることができる「聖アンデレ十字」のが、3つある理由については諸説があります。アウェイ用のパンツは2カラーをリリースされた、基本的にはブラックを着用するが、相手によってはゴールドにチェンジして、ソックスはブラックを基調にゴールドの差し色を配しました。

 

ガラタサライスポーツクラブはトルコのイスタンブールにあるスポーツクラブで、サッカー界で有名な国際的に有名なトルコチームです。 1905年にアリ・サミ・イェンによって創立されました。今のところトップリーグのタイトルは15勝が獲得しました。ガラタサライ2018-19 サッカーユニフォームが欲しいなら、こちらへどうぞ!

2018-19 ガラタサライ ユニフォーム情報

ガラタサライ最新2018-19 サッカーユニフォームは長期的なガラタサライジャージーのサプライヤーナイキによって作られ、それは7月にリリースされます。
15-16スポーツシューズのように古典的で、伝統的な赤と黄色をハーフに使ったデザインで、ナイキの新テンプレートを基に作成されています。袖の色は体の反対側にあり、背中のほとんどは数字を識別するために黄色です。 シャツの内側の首に
黄色と赤のクラウンの上に「Ikleklein ve enlerin takimi」を刻印されます。

アウェイもナイキの新テンプレートを基にデザインで、黒基調で右袖に赤を左袖には黄色を使用した模様です。